大黒屋海苔店ロゴ

大黒屋メインイメージ1 大黒屋メインイメージ2 大黒屋メインイメージ3 大黒屋メインイメージ4

大黒屋のこだわり

創業60余年以上の大黒屋海苔店。
創業以来、海苔のなかでもトップブランドといわれる有明海産海苔を自分の足で仕入れに行き、 手に取り、吟味したうえで、やわらかく、口どけがよい、香り豊かな海苔を厳選しています。 また味付け海苔は、焼き海苔としてそのまま食べても十分おいしい海苔にこだわりのだしを使用 しています。
今の時代、出来合いのだしを使った味付け海苔が多い中、大黒屋海苔店では、大釜で、昆布(北海道産)干しエビ(徳島産)いりこ(瀬戸内産)かつお節(長崎産)をふんだんに使用し、醤油を使わず、一日中弱火でじっくり煮詰め、さらに一晩釜の中で落ち着かせた、時間と手間ひまをかけながら作っているだしを使用しています。
本当においしい海苔を作るために生産性よりも、だし一滴一滴、海苔一枚一枚を丹精込めて作ることこそ、大黒屋海苔店のこだわりです。

海苔のはなしイメージ

海苔のはなし

なぜ有明海産海苔がトップブランドで、おいしい海苔なのか?
有明海は自然豊かな山々の湧水が、大小100以上の河川に流れ込み、栄養豊かな川の水と海の水が混じりあう九州最大の湾です。この川の水が海に流れこむことによって海の塩分濃度が下がり、有明海産海苔の特有のやわらかく、口どけのよい海苔ができるのです。
また、有明海の特徴として潮の干満の差が最大6メートルと非常に大きいということがあります。有明海ではこの干満差を利用した「支柱式」という養殖方法で海苔を作っています。漁師たちは潮が満ちているうちに海に支柱を立て、その支柱に海苔が付いた網を張っていきます。こうすることで、網が海の中にある時間と海の上に露出する時間ができ、海の中では栄養をしっかりとため込み、海の上ではお日様の光を浴びてしっかりとうま味を閉じ込めることによって、おいしさがしっかり詰まった海苔ができるのです。
その有明海産海苔の中でも、一番おいしいといわれている海苔が、海苔が収穫されだす11月ごろから12月ごろに取れた海苔です。その海苔のことを「一番摘み」「初摘み」などというふうに呼ばれています。
大黒屋海苔店ではその「一番摘み」を主に使っています。

商品紹介イメージ

商品紹介

ご購入はコチラ

ご家庭用
ご家庭でも本物の味を味わって
いただきたい!
上質な海苔をリーズナブルな
価格でご提供。
ご贈答用ギフト
厳選した材料を丹精込めて
一枚一枚仕上げた逸品。
ご予算・用途によって商品を
揃えております。
大切なあの方へお贈りください。
業務用
用途に応じた「最適な海苔」を
ご提供します。

会社概要イメージ

会社概要

商  号
株式会社大黒屋海苔店
所在地
広島市西区観音本町1丁目18-5
TEL
082-231-6769
FAX
082-232-3340
代 表 者
吉川哲二
事業内容
海苔の製造・加工・販売・卸
創  業
昭和30年(1955年)3月
資 本 金
1,000万円
取引銀行
広島銀行 舟入支店・広島信用金庫 観音支店

お問い合わせ